<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)

 19日午後0時15分ごろ、大阪府岸和田市作才町のJR阪和線で、遮断棒が上がったままの東岸和田北二踏切を上下計2本の列車が通過した。反対側の遮断棒は下りており、けが人や列車運行への影響はなかった。

 JR西日本によると、遮断棒が上がったままだったのは約1分間。上がった状態の遮断棒の下側と地面の数センチのすき間に何らかの理由で石などがはさまった可能性があるという。通行人の男性が発見してJR西に通報し、約1時間後に係員が現場に行った時には通常に戻っていたという。【広沢まゆみ】

【関連ニュース】
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
天六阪急ビル:また一つ、寂しさ 駅ビルのモデル、解体へ−−大阪
鉄道事故:車椅子の男性、はねられ死亡−−堺の阪和線踏切
特集:平城満開1300年の宴
鉄道事故:回送電車に接触、20代男性が死亡−−神戸の阪神

「火つけるのが楽しそう」=中学生が体育館に放火未遂−宮城県警(時事通信)
<毎日映画コンクール>日本映画界の層の厚さ感じさせる結果(毎日新聞)
「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明(J-CASTニュース)
外相会談 6カ国協議の早期再開、日中で連携を確認(毎日新聞)
<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
[PR]
by yxao1aemqr | 2010-01-22 11:31
<< 書道 平安中期の藤原佐理の書状...