次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)

 公務員制度改革担当の仙谷国家戦略相は14日の衆院内閣委員会で、各省庁の次官ポストを廃止し、代わりに「事務系副大臣」の創設を検討すると表明した。

 「事務系副大臣」は政治任用ではなく官僚ポストとし、事務を統括し、国家公務員に労働基本権が付与された場合には労使交渉の政府側の窓口役となることを想定しているという。

 仙谷氏が一時主張していた「次官廃止」が国家公務員法等改正案に盛り込まれなかった点について、自民党の中川秀直氏が「『さすがだ』と思ったのに、なぜ断念したのか」とただしたのに答えた。

 しかし、平野官房長官は14日の記者会見で、「事務系副大臣」構想について、「政府の中で議論が進んでいると理解していない」と述べた。

関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)
<名古屋市議会>条例に基づく初の報告会 市民100人参加(毎日新聞)
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)
山本一太氏、町村派退会の意向表明(産経新聞)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
[PR]
by yxao1aemqr | 2010-04-20 03:04
<< <明石歩道橋事故>元副署長を2... 皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎... >>